コンサルティング

不動産を相続したら

鹿児島の不動産相続や空き家管理、住宅ローン返済の事でお困りの方はいらっしゃいませんか?

相続の事や、安全安心な任意売却制度について詳しく知りたい方、ご自宅を任意売却制度を利用して住宅ローンを早く返してしまいたい方は、何時までも一人で悩まずに、是非お気軽にご相談ください。
不動産の取引に関連する「引越し・リフォーム・ハウスクリーニング」、債務整理、任意売却、競売、相続物件管理、「物件価格査定」「住宅ローン」「住宅買取」「空き家管理」等々・資産運用についてもお気軽にご相談ください。

不動産を相続したときのために知っておきたいこと

相続した不動産は放置しておくと損しちゃう!?
不動産を相続した場合には、不動産の相続登記(名義書換)が必要で相続財産の金額次第では相続税の支払いが必要になります。相続登記せずに放置しておくとさまざまなトラブルの原因になります。また、それ以外にも様々なコストや責任がついてきます。
もし、あなたが不動産を相続した場合、まず何をしなければいけないのか、どういった費用がかかってくるのかなど理解していくことが大切です。手続きについて不安な場合には住まいのプロデューサー三伸ホームへご相談ください。

放置しておくと危険!!​こんな問題が…

税金がかかる

税金がかかる

一戸建てなら傷んでしまう

傷んでる家

固定資産税を払い続けなければならない

固定資産税

マンションでもその価値は下がる一方

マンション

住居していない不動産の日々の管理

住宅の管理
説明する男性

など管理が難しいからといって、放置するのは得策ではありません。

そんなときの対応策

指さし

相続した不動産を売却してみませんか?

両親と離れて暮らしている方や、既に不動産を相続しているけれど特に活用されていない方など、この機会に相続不動産の売却について、一歩踏み出しましょう

住まいのプロデューサー三伸ホームにおまかせ下さい。

男性

「空き家を抱えているが、どう処分したらよいか」
困った時は住まいのプロデューサー三伸ホームにご相談を!

2015年5月に、空き家等対策の推進に関する特別措置法(空き家対策法)が全面施行されました。
防犯・景観・衛生などの観点から、危険と判断されると「特定空き家」に認定されます。固定資産税が見直され、増税される可能性も…。
立ち入り調査が入り、撤去命令のほか、最終的には行政代執行で建物を解体となり、その費用は所有者に請求されることもあります。自分たちにとって最適な選択をする事がなにより大切です。ご自身やご家族・ご親族にとっての最適な解決策を見つけましょう。住まいのプロデューサー三伸ホームが力になります!

危険と判断されると特定空き家に認定

危険な空き家

防 犯

景 観

衛 生

三つの観点から、

危険と判断されると…

特定空き家に認定され、固定資産税が見直されます!

そして…

指さし

固定資産税が6倍に増税される⁉

指さし

さらに、立ち入り調査が入り修繕指示や撤去命令が…

そして最終的に…行政代執行で建物を解体!!

​その費用は所有者に請求がきます。

さらにこんな弊害も…

指さし

害虫や犯罪の温床になるなどして周囲に迷惑をかける

指さし

外壁などが落ちて通行者にケガをさせる など

建物は、放置しておくほど傷みます。

何ヶ月も放置されれば、そのままでは住むことができないほど劣化してしまい、あまりに劣化が激しいと、「売る」「貸す」といった処分ができなくなる恐れがあります。

空き家の解決策は大きく四つに分類できます

売却する
 

賃貸に回す
 

空き家のまま管理する

そこに住む
 

自分たちにとって最適な選択をする事がなにより大切です。

時間が経過するほど条件は悪くなるばかり。

​空き家をどう処分・活用するのか早めの判断を!

​ご自身やご家族・ご親族にとっての最適な解決策を見つけましょう。

​​住まいのプロデューサー、三伸ホームが力になります!

借入金が返済できなくなった時、
売却後も住宅ローンが残ってしまう不動産を金融機関の合意を得て売却する。

住宅ローン・救済相談受付中!

見積査定無料!

秘密厳守いたします!

男性

鹿児島市及び日置・南薩・指宿~姶良・加治木・隼人・霧島市方面・対象の物件が左記の鹿児島エリアを優先いたします。住宅ローンの返済がきびしい方・返済が滞ってしまってお困りの方はいらっしゃいませんか?
安全安心な任意売却制度について詳しく知りたい方や、ご自宅を任意売却制度を利用して住宅ローンを早く返してしまいたい方は、何時までも一人で悩まずに、是非お気軽にご相談ください。
⇒メールでお問い合わせ頂くか、直接お電話ください。

​携帯電話 090-3013-4522

不動産売却の流れ

指さし

1

始めに信頼できる、地域の不動産会社で価格査定してもらいます。

(査定価格とは通常の営業活動で3か月程度で売却が可能な価格(媒介価格)のことです。)

指さし

2

査定価格を参考に売却価格の決定をします。

指さし

3

不動産会社の選択

指さし

4

3種類の媒介契約の締結

方法があります。

指さし

5

不動産会社の営業活動

(広告などをしてもらいます。)

指さし

6

購入希望のお客様に現地の見学をしていただきます。

指さし

7

売買条件の交渉

(購入者の希望条件の検討等)

指さし

8

指さし

9

指さし

10

売買契約

(手付け金を交付します。)

引渡の準備

(権利証・実印・印鑑証明書・住民票が必要です。)

物件引渡及び残金の受領

(媒介手数料は成約報酬です。)

説明する男性

(専属選任・選任・一般媒介)

住宅ローン救済相談を受付ております!

住宅ローンの返済がきびしい方・返済が滞ってしまってお困りの方はいらっしゃいませんか?
安全安心な任意売却制度について詳しく知りたい方や、ご自宅を任意売却制度を利用して住宅ローンを早く返してしまいたい方!何時までも一人で悩まずに、是非お気軽にご相談ください。

 

その他、その案件によっては様々な特別な費用が発生する場合がありますので、売却が成立する前に、媒介業者に凡その見積りを出して貰うようにしましょう。不動産物件を売却する時は、大切な財産を手放すのですから、簡単に安売りはしたくないものです。 しかし、販売の仕方によっては、一割以上の価格差が出てしまうのも現実です。特に販売する時期が問題で、売り急ぎは損の元。なるべく早めに 販売計画を立てて、もっとも好条件で売却にかかりたいと思います。物件の査定は無料です。秘密厳守いたします。まずご相談ください。
三伸ホームは物件の売却だけでなく、売却後の税金問題、その他の資産管理等もアドバイスいたします。どうぞお気軽にお問合わせください!!

佐田弘イラスト

担当者/佐田 弘